354

難解な注文の多いレストラン。

メニューをひらくことはせずに、彼女はギャルソンを見上げた。「今夜は“ふう”がいいわ」ギャルソンは聞き耳をたてるポーズをして、彼女に顔を近づける。「“ふう”とは“風”のことよ」ギャルソンは目を軽く閉じて、深く一度頷いた。「シンガポール“風”の焼き鳥に、ベトナム“風”の春巻き、スペイン“風”の魚介類の煮込みをお願い」彼女は続けた。「フランス“風”のシャンパーニュを、ベネチアングラス“風”のグラスで飲みたいわ」ギャルソンは注文を繰り返した。彼女は遠くを見ながらつぶやいた。「今夜は“ふう”がちょうどいいの。本物は重たいもの」

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

353

ハロー!エイプリル。

風にふかれながら、口笛を吹く。まっすぐ伸びる空に、雲はない。胸の真ん中には、無傷の夢。1分先のことはわからないけど、自分がいくべき未来はわかっている。リュックの中身も、ポケットも、ほとんどすっからかんだけど。瞳の奥の青い光は、誰にも負けない。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

352

まだ、無題。

感覚が、身体を追い越していく。湧き上がるメロディを譜面に書き留めようとするが、どうしてもずれてしまう。もう我慢できない。苛立った彼は、鉛筆を放り投げる。10本の指は、白と黒の鍵盤の上を駆け巡りはじめる。自分の想像力を遥かに超えた音楽。自分が弾いているのではない。天と交信して弾かされているのだ。彼はそんな時の“自分の置き場所”を知っている。自分の姿を消すのだ。いや、確かに自分は居るのだが、何にも偏らず浮いている感じ。指が勝手に奏でる音の真ん中で、ただただぼんやりと呼吸をしている感じ。そこで卑しく自意識を持ち出すと、指は定型文のようなピアノ演奏に成り下がるだろう。芸術は孤独?もはや孤独の先には、本物の自由が待っている。決して誰も触ることができない、自由が。タイトルなんてつかない、自由が。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

351

今夜はトマトスパゲッティ。

太陽が月とバトンタッチした瞬間から、玉ねぎは細かく分解され、トマトはトマトソースになる。白いアパートには小さな灯りがともり、街の猫たちはあくびをはじめる。(勝手に)傷ついて、泣きそうだった昼間の出来事もだんだんと麻痺してきて、そんなことよりTVの洋画番組のオープニングに気を取られる。目の前には真っ赤な料理。逃げるスパゲッティを銀のフォークで丸めながら、生きていくことの自分の“しぶとさ”に少々絶望している。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

350

オレンジひとつくださいな。

太陽をたっぷり浴びた色が、あのこの瞳をまぶしくさせるから。オレンジひとつくださいな。キューンとすっぱい匂いが、あのこのこころにノックするから。オレンジひとつくださいな。ジュっとはじけるやんちゃな果汁が、あのこのカラダを元気にかけめぐるから。オレンジひとつくださいな。あのこの心配ごとを、宇宙のすみっこまで飛ばしてほしいから。オレンジひとつくださいな。あのこのかなしみを、んんんー♩って口笛にかえてほしいから。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

349

ワタシ取り扱い説明書。

動きが鈍くなってきたら、熱々のピザを与えてみてください/ネガティブ思考になっていたら、睡眠不足を疑いましょう/〜するべき!より、〜は楽しそう!と誘ってください/落としたら、3秒以内に拾いましょう/エラーが続いたら、赤ワインで充電してください/毎晩、お風呂で丸洗いしてください/たまに大げさに褒めてください。長持ちします

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

348

気分の温度計。

無理やり気分を上げようとすると、ますます下降線をたどるし。放っておいたら、下がったまま動かない。どんどん冷たく固くなっていく。いよいよ「下がったままでいいや」ってひらきなおると、何かがほどける。窓を開けたくなる。空を見たくなる。深呼吸したくなる。気分の温度が少しだけ上がった、気がする。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

347

赤ちゃんとネコはアイドル説。

赤ちゃんもネコも、身体がやわらかい。だから、つまずいても怪我をしない。赤ちゃんもネコも、頭の中がやわらかい。だから、明日の心配なんてしない。赤ちゃんもネコも、手のひらがやわらかい。だから、すぐに握手を求められる。赤ちゃんもネコも、遠くをじいーっと見つめてる。だから、神秘的で惹かれてしまう。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

346

しあわせのストック。

こころの中がからっぽになって、ヒューっと風が吹き抜けていく。なんにも持っていないなぁ、確かなものがひとつもないなぁと、かなしくなったら。こころの奥にある、あの箱をあけてみよう。むかし言われた、うれしかったコトバ。大事にしてくれた、もういない人の笑顔。でてくるでてくる、しあわせのストック。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

345

バレンタイントリップ。

チョコレートの海でおぼれそうになったKは、やっとの思いで岩までたどり着いた。しかし、チョコレートの波は次々におしよせてくる。モテすぎるKは「好きです」の甘ったるい告白に疲れ果てて、もうこれ以上泳げない。あぁもうだめだ…。と、その時、大きな船が近づいてきた。ビターチョコレートでできた黒い船だった。「乗りな」クールビューティーな彼女は知らないひとだったけれど、Kは藁をもつかむ気持ちで乗り込む。船は風をきって大空に進む。クールビューティーの横顔はまぶしかった。ふたりは同じ方向を向いていた。Kはやっと居場所を見つけた。このままどこまでも行ける気がした。二羽のカモメは新しいカップルの誕生を祝うように、じゃれあって歌いながら飛んでいく。

*「電車は遅れておりますが」は毎週火曜日に更新しています。

TOP
CLOSE

電車は遅れておりますが

ふわっと映像が浮かんで、
こころが6.6グラム(当社比)軽くなる。
ワンシチュエーションでつづる、
シラスアキコのショートストーリー。

自分がジブンにしっくりくる感じの時は、気分がいい。
こころと身体が同じ歩幅で歩いているのがわかる。
いつもこんな感じで生きていきたい。

でも、かなりの確率でイライラと聞こえてくる
「お急ぎのところ、電車が遅れて申し訳ございません」。

そんな時は“ここじゃないどこか”に、
ジブンをリリースしてしまおう。
きっと気持ちの針が、真ん中くらいに戻ってくるから。

シラスアキコ Akiko Shirasu
文筆家、コピーライター Writer, Copywriter

広告代理店でコピーライターとしてのキャリアを積んだ後、クリエイティブユニット「color/カラー」を結成。プロダクトデザインの企画、広告のコピーライティング、Webムービーの脚本など、幅広く活動。著書に「レモンエアライン」がある。東京在住。

color / www.color-81.com
レモンエアライン / lemonairline.com
contact / akiko@color-81.com

◎なぜショートストーリーなのか
日常のワンシチュエーションを切り抜く。そこには感覚的なうま味が潜んでいる。うま味の粒をひとつひとつ拾い上げ文章化すると、不思議な化学反応が生まれる。新たな魅力が浮き上がってくる。それらをたった数行のショートストーリーでおさめることに、私は夢中になる。

イラストレーション
山口洋佑 / yosukeyamaguchi423.tumblr.com